赤ちゃんが夜泣きするのは本能的なもの

生まれたばかりの赤ちゃんは、ママのお腹の中の環境から外の世界の環境に慣れていくのに必死です。暗くて狭く、温かい環境であったママのお腹の中から、今度は明るくて広く、寒い外の世界という真逆の環境に置かれることになるのです。
不安を覚えるのも当たり前のことなのです。赤ちゃんは泣くのが仕事とよく言いますが、言葉をまだしゃべることができない彼らにとっては一生懸命泣くことが自分の意思表示なのです。

赤ちゃんがよく泣くと、どうすれば泣き止んでくれるのだろう、どうして上手くあやしてあげられないのだろうと徐々にママの精神を追い詰めていってしまうこともあります。これが育児が大変だと言われる要因の1つです。1人の人間を育てるというのは、ただ可愛いだけではなくそれと同じくらいの大変さも付きまとうものなのです。
多くのママを悩ませるのが夜泣きです。


1日の生活サイクルがまだしっかりと決まっていない赤ちゃんは昼夜関係なく泣きます。特に夜泣きは近所迷惑になるのではと心配するママも多く、睡眠不足からストレスがたまりやすくもなってしまいます。

この夜泣きには実は様々な理由があるのです。

お腹の中にいた頃には、ママの声を常に身近に感じていた彼らは安心感に包まれて眠ったり起きたりを繰り返しています。それが外の世界に出ることによってママの声が遠く感じ、また声を聞かないことによって寂しさや不安で泣きだしてしまうものなのです。

彼らが泣くのは「寂しいよ、不安だよ」というサインなのです。こういった時にはまず安心させてあげることが大切です。しっかり抱っこしてあげることでママの体温や心臓の音を伝え、声を聞かせてあげることで安心します。抱っこ癖がつくのではという心配をせずに、不安がっているときはどんどん抱っこしてあげる方がよいのです。


また授乳時間じゃなくてもお乳を欲したときにはあげるようにしましょう。

特に夜中にお乳を欲しがるのには動物の本能的な理由もあるのです。
定期的な時間にお乳をあげることでママの体もそのサイクルが作られ、きちんとお乳が出るようになってきます。


しかし夜の眠っている長時間お乳をあげないでいると、翌日お乳の出が悪くなるという可能性があるのです。


そうならないように赤ちゃんは夜泣きでママを起こし、お乳をもらうことで乳腺を刺激し、翌日にもきちんとお乳が出るようにしているのです。


これは「次の日もきちんと自分の食事を確保しておかなければ」という動物の本能の部分であるとも言われており、まだ幼い彼らは本能的に仕事をしてくれているのです。ただ無意味に泣いているわけではないのです。
彼らは彼らなりの理由があって泣いており、それをパパやママに伝えようと必死なのです。

彼らが何を訴えているのか分からないからと言って自分を責める必要もありません。

抱っこしてあげたり、お乳をあげたりと様々なことを試していく内に彼らが何を求めていたのかが分かるようになります。
大切なのは近い距離で接してあげるということなのです。

赤ちゃんの夜泣きのお役立ちコンテンツ満載です。

赤ちゃんの夜泣き情報を豊富に提供しています。

川口市周辺の保育園を利用するなら此方のサイトです。

目的に応じて学校のオステオパシーの情報はかなり役に立ちます。

大阪のネイルスクールの情報を見つけよう。

http://www.sankei.com/west/news/160814/wst1608140046-n1.html

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/84177.html

http://www.excite.co.jp/News/economy_clm/20160820/zuuonline_117970.html

関連リンク

  • はじめての妊娠、出産、子育ては、新米ママにとっては大変なことが続きます。はじめての妊娠は、自分の体の変化に戸惑うことも多いですし、元気な子が生まれてきてほしいと思うことが多いでしょう。...

  • ExcelはMicrosoft社がリリースする表計算のアプリケーションです。時間割のような簡単な作表から、膨大な数の統計データなどを処理し分かりやすい表に集計したりグラフに示したりということが可能です。...