整体の資格を取得する方法

整体の資格を取得するには、民間の学校や団体に通う必要があります。


この資格は民間のものなので、この資格を取得するには自分が希望をする学校を選ぶことから始めます。



学校は夜間や祝日もやっているところがありますから、誰でも整体の学校に行くことは出来ます。平日ももちろんやっていますので、平日がいい人はそこを希望するといいでしょう。

整体の資格で注意が必要なのは、鍼灸などの国家資格ではないということです。民間のものですから、各学校や団体によってその施術や考え方というものは全く違ったものとなるのです。



つまり、同じ整体でも学校が違えば施術内容も違うので習得できる知識も技術も変わるということです。

整体では基本的な考え方として自然治癒力が正常に発揮出来るようにするということを基本的な考え方としています。そのため、あまり副作用の少ない施術となるのが特徴といっていいでしょう。

手技を主に行う施術で骨格などの歪みを直すことで自然治癒力が正常に発揮出来るようにすることを考えています。



ですから、骨盤矯正というのは施術の一つではありますが、こればかりをしているわけではなく、マッサージやストレッチなども重要な施術の一つでもあります。

また、姿勢を正しくするように矯正したり、指導をしたりするのも重要な仕事でもあります。

最近では、この仕事も多様化していて健康補助器具の開発に関わったり、枕などの睡眠の道具の開発に関わるような人も出てきています。
なかには枕か開発とどうじ治療院を経営するというような人も出てきています。

これは民間の運営なので、特に決まりはなくどんな仕事でも出来るということが関係しています。
ただ、医療行為をすることが出来るというわけではありません。



医療行為は医師しか出来ないことが法律で定められていますから、それ以外の分野で仕事をするのです。



最近ではスポーツトレーナーになるような人も多くなっていて、プロにスポーツ選手を育成したり、けがのしにくいトレーニング方法を開発したりと多岐にわたって活躍するようになっているのも特徴的です。

こうした点も鍼灸師と違った特徴といっていいかもしれません。

東洋医学は最近では見直される傾向にあるといってもいいでしょう。



この施術は基本的には東洋医学の考え方を取り入れています。



自然治癒力という考え方そのものが東洋医学の考え方だからです。

西洋医学では病を治すという考え方なので、病に対して直接的な行為をすることで、これをなくそうとします。
そのため、手術や薬といった体に負担が多くかかることになるのですが、東洋医学の考え方では、体が本来持っている自然治癒力が正常に発揮されるようにするという考え方をするので、体に負担がかかるようなことは少なく、痛みなどもあまりない代わりに、施術には時間がかかり、その効果を実感できるようになるにもかなりの時間がかかるということになります。



これらはメリットでもありデメリットでもあるといってもいいでしょう。

関連リンク

  • 集団塾とは比較的多い人数の生徒を預かり指導する形態です。この場合の集団とは数人からほぼ学校の1クラスぐらいまでが多いです。...

  • 月曜日の朝は毎日誰でも憂鬱で学校や仕事に行きたくないと思ってしまうもの。何度かは仮病を使って休んだことがあるという方もいるでしょう。...