医学部受験に予備校選びが大切なわけ

大学受験を考えるときに理系か文系かを選ぶ生徒は多いですが、ここ数年レベルの高い生徒に人気なのが、医学部受験です。
なぜ難関といわれる医学入試が人気になっているのかというのは、現代社会に大きく影響を受けているといわれています。


いまの10代の学生が育った環境というのは、日本が不景気になっている時代が長いために、難関大学を目指していける生徒でしたら将来性や年収、やりがいなどを考えると医学に進もうと思う生徒が多いのもうなずけます。
ただどんなに時代が変わっていっても医学部を目指すことは容易なことではありません。なぜなら目指しても浪人率が高いということ。


二浪、三浪は当たり前、なかには多浪になってしまうという生徒も珍しくはないです。


国立医学部のためにはセンター試験で9割近い点数をたたき出す必要があります。それだけでも困難なことなのに、国立二次試験では、難易度が高い問題が出されるのでかなりの学力が必要となります。では私立医学ではそんなに大変ではないのではないかと思われがちですが、それは間違いです。

私立は倍率が数十倍はざらですし、問題が大学によってさまざまですし、かなりくせのある問題がだされるので、相当の対策をたてないと無理です。

また私立の場合は学費が6年間で数千万なので、かなり資産がある家でないと、通うことは無理です。

このようなことを考えても医学部受験というのはかなり過酷な戦いといえます。

ではどのような対策をたてればいいのかといえば、予備校選びが要です。
よく予備校はどこでも大差ないとか、難関大学向けの予備校でしたら大丈夫という人がいますがそれは、間違いです。医学専用のところでしっかりとした対策をたてることがとても大切です。

とくに私立の物理の問題は、かなりの癖のある問題しかだされないといっても言い過ぎではないですし、英語の問題は長文読解ばかりですので、しっかりとした対策をとらないと、太刀打ちできない問題ばかりです。
ですから合格実績の予備校を選ぶということと、よい先生がそろっているところを選んでいくということも必要です。

合格実績が高いということは、それだけ過去問対策が充実していたり、授業が充実していたり、良い先生がいるということにつながるからです。

さらには医学部受験は面接があります。

面接でも学校によっては意地悪な質問をしてくるところもあります。


面接くらいと思っても、実際は緊張をしてしまって言葉につまったり、頭が真っ白になることもあります。

このようなことも事前に練習できる環境にあれば心の準備をして面接に臨むことができるのです。

それには専門の予備校に通うことで対策をたてることができるのです。

大学入試というのはどの学部であっても大変ですが、その中でも医学は過酷ですし精神的にも肉体的にも追い込まれることが多いです。

そういう生徒を数多くみている先生たちがいる環境に身を置いてアドバイスをうけることが大切です。

















関連リンク

  • 近年、専門学校の中でも人気が高いのがデザイン専門学校です。デザイン専門学校では、インテリアデザインやキャラクターデザイン、コンピューターグラフィックスなど学べる分野が様々であり、学ぶ分野によってカリキュラムやコンセプトなどが大きく変わってきます。...

  • 保育園の待機児童問題ですが、今でもまだ解決策が見いだせないまま働きたいのに働けないという状況に置かれている人がたくさんいます。また大事な子供を預けるとなると、安全面はきちんとしているのか?園生活はどんなものなのか?といったようなことも気になる所になります。...