集団塾の仕事について

集団塾とは比較的多い人数の生徒を預かり指導する形態です。この場合の集団とは数人からほぼ学校の1クラスぐらいまでが多いです。

したがって多様な学力を持つ生徒を教えることになり、指導力が要求されることになります。それぞれの学力に応じた様々な教え方ができる方が望ましいです。集団指導では、多くの人数の生徒の学習を支援します。


その人数に見合う責任が生まれ、それがやりがいにもつながっていきます。多くのところでは複数の教科を担当することが多いです。近年の教育は変化しつつあり、入試も刻々と変わってきています。


こうした状況を把握するために、講師向け講習会などに参加して研鑽に励みます。


こうした場を通じて同業者の動向や情報などを得ることができます。


多くの生徒を預かることでその後に進む学校や進路も多岐にわたります。
こうした進路先の情報をたえず新しくしておくためによく学校を訪問します。
そこでそれらの学校の先生方とも知り合いになることができます。

それから子どもたちとともにその保護者とのあいだでもコミュニケーションを図ります。

多くの教室では昼間の間に保護者との相談の機会を持っているところが多いです。それがサービスのひとつにもなっています。
塾、学校、家庭での生徒の様子などの様々な点についてひととおり総合的に得ることができます。

保護者の方々との話から塾では見ることのできなかった生徒の一面を知ることができます。


こうして保護者の方々に塾との間でコミュニケーションを図ることを通じて相互に理解を深めて、支援してもらいやすくします。この業務が結局は生徒の学力の向上や生活習慣の見直しにつながっていくと考えます。

ひとりひとりの子どもたちに向き合うことで講師自らの在り方、律し方が学んで行けるのがこの仕事の特徴です。それだけに生徒たちが学習内容を理解して、笑顔を見られ喜ぶ姿は講師にとっては感慨深いものですから、その体験を生徒たちと実感したい人には、やりがいのある仕事です。
クラスの集団を統括して指導することは上に述べた通りです。教えている際にはそれほど気に留めないことが、集団では増幅して出てくる場合があります。そうして集団による成果となることがあります。


例えば、入塾したての頃は基本的なことさえおぼつかなかった生徒が、コツコツ学習して難関の志望校に合格することもあります。

クラスの集団の相乗作用による力といえます。

仲間と切磋琢磨し合えることで揉まれて、その生徒の意欲の芽を伸びて、講師の予想を上回る結果につながると考えられます。

集団でひとつにまとまり同じ目標に向かって邁進できると力を発揮します。

その旗振り、先導役を行うのが講師の役目といえます。
この力は気づいたときには、とても大きな力となりえます。そのようなクラスにするには特に最初の導入時のかかわり方は大切です。
1年間講師についてきてくれるかどうか、そして成果を発揮してくれるかどうか、実力をつけてくれるかどうかは最初からしばらくが大切です。

宮崎市の塾情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。



明日に役立つ山口県で専門学校の情報が必要な方必見です。





https://allabout.co.jp/gm/gc/431725/photo/1197100/

http://jp.reuters.com/article/idJP00093500_20160714_04320160714

https://oshiete.goo.ne.jp/qa/8967289.html

関連リンク

  • 一時期、英語教室がブームになったことがありますが、なかなか継続できないことが理由で断念してしまう人が続出しました。日本では省庁が教育給付金制度を設け、学習したい人には資格や学習レベルに応じて一定期間の講習終了後に給付金を支給することにしています。...

  • 月曜日の朝は毎日誰でも憂鬱で学校や仕事に行きたくないと思ってしまうもの。何度かは仮病を使って休んだことがあるという方もいるでしょう。...